2017年01月30日

なぞなぞ

4歳娘は以前に豚肉を食べて

のどに詰まったので、

豚肉を食べない。

でも豚肉じゃないよと言って豚肉を出すと

ぺろりと食べる。

最近は「このお肉は何?」

と聞くので「いのししだよ」

と言ったら、

「へー。いのししは美味しいね」

と言って食べている。

豚肉をいのししの肉と思っている。

なぞなぞにはまっているので

「豚は豚でも食べられる豚はな~んだ?」

という問題をふっかけてくるのだが

そもそも豚は食べられるので超難問なのだが、

彼女の答えは満面の笑みで「豚肉」なのである。

え?と言ってはいけないのだ。

彼女にとっては豚肉は食べられないものなのだから。

ところで、我が家にあるなぞなぞの本を読んで

なぞなぞが大好きになった娘だが、そのなぞなぞ本が謎なのだ。

子供でも分かりそうな問題はそこそこにあるのだが、

これはなぞなぞなのかい?

というのが多々あるのである。

なぞなぞ問題の基本はこれ、

「いぬがさわるとひらくかさってなあに?」

答えは~

ワンタッチがさ!!!

かわいい問題ですね。

全ページ、だいたいこういう感じなので子供でもわかります。

「たたけばたたくほどしかられないでよろこばれることってなあに?」

答えは~

かたたたき!!

うん、いいね。積極的に肩とかたたいてくれるようになりそうないいなぞなぞだね。

こういう問題ならいいのだが、150問もおさめられていると

やはり無理なものも出てくるよね。

「たべすぎちゃうといたくなるものなあに?」

これなんだと思います?

答えは~

おなか!

普通やん!あたりまえやん!なぞなぞちゃうやん!

ってなるでしょ?

「ふゆでもはだかのひとがたくさんいるのはなにやさん?」

これはどうですか?

普通に考えて~

おふろやさん!

普通やん!

ってなるでしょ?

こんな問題出てきたらなぞなぞの定義がわからんくなるよね

極めつけはこれ

「なにもしてないのに おこられているみないな のみものってなあに?」

誤字ちゃいますか!

怒られているみないなって。

完全に間違ってる・・・

本になってるもので誤字見つけるの初めてやわ!

本の題名が「ワクワクなぞなぞ」やからね、

まあ、ワクワクさせてくれたんかもしれんけど

でも、これにはまっている娘は問題の頭を読み始めた時点で

答えますからね。どんだけ読み込んでんねん

そして上記の様に自分でなぞなぞを作って問題を出してくる。

それがほとんど超難問で頭をフル回転させても答えられない

というのは問題だけどさ。

追記・・なぞなぞって何回も打ってるんだけど、どうしても一発目でなぞなぞって書けない。なぞんzって出ちゃう・・・なぜだ?・・なぞなぞめ!こんなとこでも謎をだしやがって~さすがだぜ。

問題!
娘はどこにいるでしょうか。
8DAD7352-35E8-4CC3-9383-0275405945F5.jpg

はい、ここでした〜
D7EDA365-1F51-400C-82A4-600884D748A9.jpg

posted by miyuki at 05:15| Comment(0) | 娘 6歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

「耳貸して~」

娘の話~いつもだけどね

彼女はここ半年程、おやつが食べたい、トイレに行きたいという時に

「耳貸して~」と言ってこそこそ話で要求をしてくる。

トイレに行きたいという時に使い始めたので、

すごいね!お嬢様か!と私が激しく突っ込んで以来、

気に入ってしまい常用している。

人がたくさんいるときならまだしも家の中で二人しかいない時も使ってくるので、

いや、いらんやろと思うのだがまあ、いいか

私の友達の前で、「耳貸して~」と言っていつもの様にこそこそ話をしていると

友達が「公家っぽい」と言って笑ってしまった。

公家の皆様(公家の皆様って言い方もどうかと思うが)はこそこそ話で会話を楽しむらしい。

4歳児は公家の遊びに精通しているのであるか。

この数日前、夜に寝ついた彼女が突然泣きながら目を覚ますのでどうしたかと思うと

「鬼が〇〇ちゃんを追いかけてきた、赤鬼」というのであ~そりゃ怖かったねと言う。

でも、最後の赤鬼の部分を力強く言うのでこっちは吹き出しそうになる。

赤鬼は多分、彼女の中で怖い方の鬼なんじゃないかな。青鬼はまだまし。

吹き出しそうになりながらまた寝かせようとするもなかなか寝ない。

赤鬼を引きずっているのかと思ったら「お腹がむずむずする」と言う。

お腹がむずむず?これは幼児特有の言葉かと思うのだがどうやらお腹が痛いらしい。

次第に激しく痛がるのでこりゃどうしようかと思っていると、

痛がりながら「耳貸して~」ときた。

ここで!?使う!?最大級にツッコミたかったのだが、ここは先に耳を貸す。

「病院に行く」とこそこそ言ってきた。

病院嫌いの娘が自ら行くってのはこれは相当だと思い、慌てて救急へ。

我が家からはタクシーで行くしかないのでアプリでタクシーを呼び寄せる。

こんな時のために登録など済ませているので7分ほどで来てくれる。

(アプリ登録オススメです。緊急の時頭がパニックになるから

タクシー会社あれこれ探してる余裕ないし。雪の日とかにも予約しておける。)

タクシーに乗ってちょっと安心したのか、痛がっていたのが静かになり

こちらも一息つくとさっきあんな事態なのに「耳貸して~」って言ってきたな~と思い笑いそうになる。

最近は耳を貸してまで聞く必要のない使い方もしていたのでどのパターンでくるか読めなかったのだが、

彼女にとっての緊急事態に耳を貸すことになるとは思わなかった。

そんな彼女、タクシーに乗って痛みがなくなりそのまま痛みが消えたらしく

病院からの帰り際には元気になっていた。

気が付けば、まだ日付が変わる前で電車もまだ動いていたので帰りは電車で帰ることに。

最寄駅からはまた、タクシーに乗ったんだけどね、

普通に駅のタクシー乗り場からね、

そこで奇跡が!行きに乗せてくれた運転手さんと全く同じ運転手さんに乗り合わせたのです!

なんか似てるな~同じタクシー会社だしなと思って行きの領収書を見直してみると車番号が同じ!

「おお~」となって思わず、声かけたね。

これまで何度か夜中に救急にかかるためにタクシーを呼んだのだが、

家から病院までスムーズに行ってくれたことがなかったのです。

それが今日の運転手さんはスムーズにかつ一番お安く行ってくれたので有難がっていたところだったのだ!

その運転手さんにまた会えて、行きのお礼も言えて満足。

しかしこんな偶然もあるんだね~って車中で運転手さんも交えて大盛り上がり。

結果、娘も大したことなくなんだか楽しいよるになったのであ~る

posted by miyuki at 05:52| Comment(0) | 娘 6歳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

本当に呆れて鼻が詰まる

昨日、何気なくニュースから聞こえてきたフレーズ

「本当に呆れて鼻がつまる」

ん?となった。

どういうこと?!

呆れたから鼻が詰まるって 笑

どっから出たニュースかと言えば

朴大統領「現在進行している弾劾裁判には公正な裁判が行われるよう期待する」と発言。

すると野党が「朴大統領の認識には本当に呆れて鼻が詰まる」と猛反発。

大体のニュアンスはわかるのだけど、やっぱり気になる 笑

「本当に呆れて鼻が詰まる」

鼻が詰まるってことは息ができなくなるってことだからつまり、呼吸が苦しくなる。

ってことは、呼吸が苦しくなるぐらいの呆れぶり?

うん、なんとなくわかるか。

でもよくわかんない。

―結局、調べてみる。

でも、ちょっと調べてみたけどわかんない

鼻が詰まるってのが、韓国語でいうところの呆れるに相当するらしいけど。

ってことは言葉としては「はあ~もう本当に頭が頭痛やわ~」

ってことなんかな?笑 違うって?

なんかわかんないけど日本語にはない韓国語特有の表現らしいです。

おもしろいね

ところで二重表現ってよく使っちゃうよね・・

本当に恥ずかしいんだけど。。。

私、英語をマスターしたい時期があって必死にスピードランニングやら

単語の暗記とか英語で小説読むとかやっていた時期があったけど

ある人に「英語よりももっと正しい日本語を身につけて」

と言われたことがありました。

そういわれて「ㇵッ!」となって英語がどんどん遠のいていった。

だからと言ってそれから日本語をちゃんと勉強しようとしたわけではなく、

英語も身にならず。中途半端なまま今に至るってわけで。

でも、日本語ってきれいな表現たくさんあるし

逆にとんでもなく間違って覚えていることもあるし

もっと日常的に日本語をたくさんつかいこなしたいなって思います。

ところで、どんどん話は変わるけど方言のニュアンスもやっぱり伝わらないことって多い。

関西で育った身としては会話でツッコミが基本。

私ってば特にツッコミタイプだったのでこっちでツッコミ連発していたら

「言葉が汚い!」とか「きつい!」って散々言われたね。

「何がきついんですか?」って思っていたけど

今となっては「方言を使っています、私」のぬいぐるみを着て使いこなせるからちょっと楽になったよね。

だって東京に来た最初のころなんか、そんなこと言われて落ち込んでしゃべることもできなかったもん。

まあ、多少ね

いわゆる、あれね、外国にきちゃった感じね。笑

それが国の違いだと認識できればいいけど東京にきたばっかりはそんな風に思えなかったよね。

人格の問題とか思ったりね。

あ~なつかしい。

東京にきたばっかりの情熱を思い出したらキラキラするわ。

どんどん話変わったね・・・

posted by miyuki at 07:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。