はざまみゆ喜の「きしょい満面」

ハイリンド劇団員はざまみゆ喜です。

型っちゅんもんは使う人によっていかされるんですね~

喉がちょっと痛いと思ったらすぐにこれ。

 

f:id:hazamaru0402:20210126201809j:plain

 

プロポリススプレー。

 

本当は栄養補助食品なので、喉痛い時に使うものではないのだけれど。

 

ちょっと違和感を感じたら、もうほんますぐに!すぐに!このスプレーを喉に直接、噴霧します。

 

「栄養補助食品なので摂りすぎて問題ない!」と私は勝手に判断して、痛いと感じるとその都度噴霧します。

 

だから喉痛い間はずっとこのスプレーを噴霧し続けてます。

 

これ、もう20年ぐらいやっている習慣で、このおかげなのかわかりませんが風邪みたいなもんにかかっても熱は出ず、まじで20年間ぐらい熱出してません(笑)

 

娘が2歳の時に私も移り、インフルエンザにかかっったのですが、熱が出なかったので検査では陽性と判断されたのですが、薬ももらいませんでした。

 

筋肉痛だけが異常にひどかったです。

 

私は、多分このプロポリススプレーのお陰でわりと元気に暮らせているんです。

 

でも、それを例えば夫や劇団員にすすめてもそんなに効果が出るわけではないので・・・相性と言うのは必ずあるし、私にとっての気休めが効果を奏してる


かもしれません。

 

もう、40代も半ばにさしかかると自分なりの型みたいなもんがあってそれはほんまに人それぞれやなって思いますね。

 

自分がいいものが他の人は全然やったりと・・・使う人によっては型も活かされるか活かされへんか。

 

鬼滅でもそうですね。例えば善逸はめちゃ恋してますけど、恋の呼吸つかわへんのと同じ(笑)

 

型っちゅんもんは使う人によって活かされるんですね~。